イイね!PRインフルエンサーマーケティング

accoroでは

・顧客心理を熟知したライティング力
・Facebookでのイイね!平均500以上
・お友達(フォロワー)とコミニケーションがとれている

以上の条件を満たした”インフルエンサー”が

御社のサービスや商品、イベント等、いFacebookを使って拡散・PRいたします。


accoroが提供する「イイね!PR」では

・PR内容とインフルエンサーのアンマッチを防ぐ
・アクション率の良いインフルエンサーである
・コミニケーションの取れているお友達(フォロワー)に自然に数回の接触をする

以上が重要と考え、そのためにしっかり打合せをさせていただきます。
理由としては、

Facebook等のSNSでは自分のライフスタイルやプライベートな部分を公開・共有することでお友達を集めているケースが多いからです。
そのため、仮にインフルエンサーのイメージに合わない商品を宣伝目的で投稿しても、お友達(フォロワー)が共感することはありません。
「共感する」「憧れる」「納得する」といった感情を大切にする視点が、インフルエンサーマーケティングに取り組む上では重要で、PR内容とインフルエンサーのアンマッチがないようにする注意が必要です。
そして
accoroではインフルエンサーを利用したPRでは、
お友達(フォロワー)の数に対してのアクション率(イイね!の数)が重要と考えます。
「アクション率=共感率」であるからです。
インフルエンサーマーケティングの費用は、
「1フォロワー☓何円」+経費という計算を行います。
これは国内外問わず、同じ計算方式です。
しかしaccoroではお友達(フォロワー)数=PR数とはならないと考えています。
現にFacebookでは5,000人のお友達(フォロワー)がいても実際に投稿が表示されるのはエッジランクにより変わってくるからです。
以上からも
accoroのインフルエンサーの条件として
「お友達(フォロワー)とコミニケーションがとれていること」を必須としています。

 

また
インフルエンサーによる影響は身近なコミュニケーションの範囲での限定的なものであり、一回で大きな効果を産み出すものではないと考えます。
コミニケーションの取れているお友達(フォロワー)にステルスマーケティングが露呈しないようセールス要素を控え、自然に数回の接触が必要と考えています。
一般消費者とサービスや商品等の情報の接触回数が3回を超えると一般消費者が商品やサービスの等の存在を認知します。
7回で購買を検討するという「セブンヒッツ理論」を参考にすれば、
・商品の評判を良くする
・購入の機会を増やす取り組みをする
・潜在顧客を見込み客へする

には、
ターゲットとなる消費者に様々な角度から影響を与えることが出来るインフルエンサーを利用して継続的かつ多角的に情報を拡散するという事はこれからとても重要と考えます。


お問い合わせ・ご相談は下記フォームよりお待ちしております。